ダブレットレジの操作方法|posレジシステムによるコストダウンや業務改善|posレジシステムの導入
posレジシステムの導入

posレジシステムはダブレットにインストールするアプリによっては非常に簡単に操作可能

業務が簡単になる

タブレットレジを利用することで、業務の行程が減り、簡単になります。短縮できた部分を他の労力に当てることで、店舗の利益がさらに上がります。

タブレットレジでの会計の流れ

見やすいタブレット画面で会計を選択

まずは、会計の項目をタップします。タブレットレジシステムには会計以外にもいろいろな機能がありますが、見た目がわかりやすいので、初めて利用する人でも迷ったりすることはありません。

お客様が座っていたテーブルの番号をタップ

会計するお客様が座っていたテーブルの番号にタッチしてください。テーブルの位置を番号で振り分けてタブレット画面で見ることができるので、視覚的に画面を見ることができて分かりやすいです。

お客様についての情報を確認

そのお客様がすでにposレジシステムに登録されているのであれば、そのお客様が購入したという情報を紐付けすることができます。もしも新規のお客様の場合はあとでしっかりと顧客情報を登録しておきましょう。

商品やメニューをタップ

お客様が購入した商品や、食事などのメニューをタップします。このときに登録商品一覧からすぐにタップすることもできますが、食事などの場合は、時間がある時にお客様がどのメニューをオーダーしているのか登録しておくと、よりスムーズです。

レシート発行

お金を受け取り会計終了ですと共にレシートを発行します。タブレットを操作することで、レシートが専用の周辺機器から出てきます。

ダブレットレジの操作方法

店内

タブレットレジにはいろいろな種類がある

タブレットレジは現在さまざまな会社がサービスを提供しているので、どの会社のタブレットレジシステムを利用しようか迷うと思います。たくさんの会社があるので、提供会社ごとにサービス内容を比較しましょう。

場所を取らない

タブレットレジを導入する大きなメリットの一つが、スペースを全く取らないということです。大きなレジマシンが店の一角を占領するなんていうこともないです。タブレットなので店の景観もすっきりします。

周辺機器も小さい

タブレットレジにはレシートを発行する機械や、現金を入れておくドロワーなどがついてきますが、どれも非常にコンパクトなので店の景観を損ねる心配もありません。場所もとらないです。これらの為に場所をあえて確保する必要がないのは大きな利点ですね。

レジトレーニングなど必要ない

表示をタップしていくだけなので、機械に疎い人でも視覚的に簡単に操作することができます。入ったばっかりの新人アルバイトでもその日で操作することができます。タブレットレジはレジトレーニングなどしなくても誰でもすぐに利用できるのです。

簡潔な行程

メニューのオーダーや会計の行程が非常に少ないのもタブレットレジの特長です。何回か画面を選択しながらタップするだけで、オーダーや会計をすぐに終えることができます。