ダブレットレジにおける業務改善事例|posレジシステムによるコストダウンや業務改善|posレジシステムの導入
posレジシステムの導入

タブレットレジシステムで店舗の業務がどのように変わるか考えよう

ダブレットレジにおける業務改善事例

レジスター

キッチンへ行く必要がない

タブレットレジではオーダーを入力することができます。そのオーダーを専用の機械でプリントアウトすることが出来るので、プリントアウトをキッチンですれば、ホールスタッフはいちいちキッチンへオーダーを伝える必要がありません。

店のどこからでもレジ操作可能

通常レジマシンの前に立って行わなければいけないようなレジ操作など店のどこからでも行うことができます。レジにいちいち移動するという細かい時間をなくすことによって業務時間の短縮に成功します。

複数台同時利用可能

タブレットを持っていれば、何名か同じシステムを使うことが出来るので、オーダーを分担して取ったり、空いている人がその場ですぐ会計するといったことができるのです。これも業務時間短縮に大きく繋がります。

ダブレットレジシステムを導入した理由ランキング

no.1

コストが安い

導入した理由で一番多かった意見は、コストが安いという結果になりました。新店の開店時にかかる費用をなるべく押さえるためにタブレットposレジシステムを導入した、という声が非常に多かったです。

no.2

多角度からの業務分析のため

第二位は多角度からの業務分析のためという理由になりました。タブレットposレジシステムを用いることで業務をさまざまな角度から分析したかったという意見が多かったです。視覚的にデータ管理をしたかったという声もありました。

no.3

スペースを取らない

第三位はスペースを取らないという理由です。タブレット端末や周辺機器は小型なので、そのためのスペースが必要ないというのが大きな魅力とのことでした。

no.4

24時間データ管理可能

第五位は24時間データ管理可能という理由です。24時間どこからでもデータにアクセスすることで、常に業務について販売戦略や改善策を考えることが出来るという根っからの仕事人からの意見が多かったです。

no.5

業務の簡略化

第五位は業務の簡略化という理由です。タブレット操作が従来のレジに比べて非常に簡潔で時間がかからないということと、店舗内の移動時間を無くすことが出来るという意見がありました。少しでも業務の時間短縮ができるのであれば導入する価値があるということでしょう。